ピルを服用すると体はどのように変化するのでしょうか?まず、妊娠することを回避できますし、生理周期や生理前のイライラ感を改善することができますので、心も体も健康になることができます。それではピルについてご説明していきます。

性病であるカンジダはピルを服用することで発症する?

 カンジダ症と言うと一般的に性行為によって感染する性感染症と思う方が多いと思いますが、性行為で感染することはほどありません。カンジダ菌は一般に健康な人の皮膚や体内にも常に存在している菌なので免疫力が低下したり体力が落ちたりするとすぐに発症する可能性があります。カンジダ菌は真菌と呼ばれるカビの一種です。常に皮膚にいる常在菌ですが、何らかの原因によって増殖してしまうと病原性を発症します。カンジダ菌が増殖する原因としては抗生物質の使用により膣の中の乳酸菌の一種であるタクトバチルスが減ってしまう状況、糖尿病・ステロイドの薬を使用していることにより体が弱っている状態、風、寝不足、疲れ、ストレス、妊娠中、ピルの服用などが挙げられます。
 妊娠中はカンジダ菌が増殖しやすい環境となります。ピルを服用すると擬似的に妊娠と同じ状態をつくりだしている状態なのでピルを服用している間もカンジダ菌は増殖しやすくなります。妊娠中の場合は治療すれば回復しますが、ピルを服用し再発を繰り返す場合は体の免疫力や抵抗力を付け様子を見ることが必要となりますが、再発が収まらない場合はいったんピルの服用を中止する必要があります。一般的な症状としては外陰部にかゆみが発生し白いヨーグルト状のおりものが増加します。その後悪化すると性交時に痛みを感じたり、外陰部や膣に痛み、軽度の腫れ、発疹が出るようになります。
 治療方法としては膣洗浄と外用薬を用いて治療を行っていきます。原因となる疾患やピルや抗生物質などが原因の場合は誘因の除去なども行います。症状がひどい場合は連日病院へ通院して膣洗浄を行い抗真菌薬の膣錠を膣の中に挿入し、外用薬を外陰部に塗布して治療を行います。